美容師派遣

美容師が知っておきたい有給休暇のこと

みなさんこんにちは。
久しぶり登場のコーディネーター岩永です。

しばらくこちらのブログに登場しないうちに平成も終わりを迎えようとしていました。

5月からはいよいよ新しい元号「令和」がスタートしますね。

ですが、
ちょっと待ってください!

実は美容師のみなさんにとっても、とても大事なことが2019年4月から始まっているんです。

■働き方改革関連法案

それは何かというと、
「働き方改革関連法」というものです。
これが実は、2019年4月から順次施行が始まっています。

少し詳しくみてみましょう。

この法案は大きく分けて8つの項目があります。

 

この中で、とくに美容師の皆さんとって身近に関わってくるのは、
2番目の「5日間の有給休暇の取得の義務化」
ではないでしょうか?

■美容師にとって有給とは?

そもそも、美容師のみなさんは「有給」って取得した事ありますか?

日頃美容師さんの話を聞いていると、

「うちのサロン、有給ないんです。」
「次に転職するサロンは有給のあるところがいいです」

という声をよく聞きます。

これって実は大きな認識違いがある可能性があります。

有給は美容室で働くほとんどの人の場合あるんです!

ただ取らせてもらえない。
なんとなく有給もらうのに罪悪感がある。
もしくは有給があること自体を知らされていない。

というような状況が考えられます。

 

「労働基準法39条」をご覧ください。

(年次有給休暇)

第三十九条 使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

引用元:労働基準法第39条

 

簡単にいうと、

1、半年以上継続して雇われている
2、全労働日の8割以上を出勤している

以上を満たしていると、

有給は会社で働く労働者が取得することのできる権利であり、
逆に、会社は法律の内容に沿った形で従業員に対して有給の休暇を付与することが義務づけられています。

もちろんこれは会社形態になっている美容室でももちろん例外ではありません。
※注意:業務委託形態で働いている美容師さんはそもそも労働基準法は適用されませんのでこの限りではありません。

 

有給についてはこちらの記事もご参照ください。

美容師相談Vol.5「美容師に有給休暇ってアリ?!」

まぁ、しかし有給が取りづらい状況は美容室に限らず、日本全体の問題でもありますが・・

 

■「5日間の有給休暇の取得の義務化」

そんな状況もあり、働き方改革関連法案の一連でこの労働基準法が改正され、2019年4月より「5日間の有給休暇の取得の義務化」が追加されました。それにより、使用者は法定の年次有給休暇が10日以上の全ての労働者に対し、毎年5日間、年次有給休暇を確実に取得させることが必要となりました。

会社側も取得させることができなかった場合は労働基準法違反となり、6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金となります。

なんとなく美容業界では有給休暇について曖昧にされている風潮もありましたが、この「5日間の有給休暇の取得の義務化」により、会社側も有給休暇について、うやむやにできなくなってしまいました。

今後サロン側の対応も課題になってきそうですね。

■QJキャスティングの取り組み

美容師派遣の「QJキャスティング」は労働基準法を遵守して運営しているため、
働き方改革関連法に伴う「5日間の有給休暇の取得の義務化」にももちろん対応をしております。
もし今働いてる職場で有給が取れない、などありましたらQJキャスティングにご相談ください。
あなたにあった最適な働き方をご提案させていただきます。

美容の知識

皆様、こんにちは。

派遣コーディネーターの江口です。

 

本日は美容業界に関係がある様な、無いような?

でも知っておいて損はないだろう、と言うテーマで行こうと思います!!

 

今回のテーマは

“カラーの流行ってどうやって決めているの??”

です。

 

 

 

毎年、「トレンドカラー」が発表されますよね。複数のファッション雑誌などで「今の流行色はコレ!」と取り上げられ、その色を使ったコーディネートの特集が組まれたり、また、Webサイトではトレンドカラーを取り入れたWebサイトも増えたりします。

このようにトレンドカラーはとても影響力があり、毎年変わります。では、どのようにしてその年のトレンドカラーが決められているのかはご存知でしょうか?

その年のトレンドカラーは、実は2年も前から「インターカラー(国際流行色委員会)」という、世界16カ国が参加している国際組織によって話し合い、方向性が決まっているのです。その会議では特定の一色が決まるわけではなく、次世代に共感できるカラーの世界観や、素材の質感や配色のポイントなどが提案されます。

 

ちなみにこの委員会は日本、フランス、スイスは発起国となっており、1963年に発足しました。

 

 

 

 

 

インターカラーで提案された内容はその後どうなるか??

大体シーズンの1年半位前に国内のカラートレンドを選定する組織「日本流行色協会(JAFCA)」にて、国内市場向けのトレンドが話し合われます。

この時に、流行色、つまりトレンドカラーが決定するのです。そしてそのトレンドカラーを元にアパレルメーカーが商品企画を行い始め、実シーズンには似た傾向の色や素材、配色などが流行するといった仕組みになっています。

 

 

もう少し、詳しくお話すると、

第1段階のインターカラーの選定色を受けて、欧米各国のトレンド情報会社が、カラーの他、素材、シルエットなど総合的なファッショントレンドを予測し情報を発信していきます

トレンド発信企業は、「スタイリング・オフィス」とも呼ばれ、
それぞれ独自の「トレンドブック」なるものを発刊しています

「トレンドブック」とは、カラー、素材、プリント、スタイリングなど何種類にも分かれていて、お値段もかなり高額です。

「スタイリング・オフィス」は、
ファッションの都・パリにオフィスを構えているところが多いようです。

この時期、欧米の(主にパリ)トレンド情報会社から発信される
トレンド情報を参考に、デザイナーは「デザイン」をテキスタイルメーカーやヤーンメーカー(一般的に織物のパターンや糸などのメーカー)は「素材」を開発していくのです。

素材の展示会開催による、素材の方向付けです。

実売期の約1年半~1年前、まず「ヤーン展」、つまり糸の展示会が開催されます。
ここから、トレンドカラーを意識した、アパレルの根本原料である「ヤーン」が決まってくるわけです。

その後、服地の展示会である、テキスタイル展が行われます。
これにより、テキスタイルのトレンドが決定づけられるわけです

ヤーン展、テキスタイル展を基に、実売期の約半年前から開催されるのが、
パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、東京、
マドリードで開催される、「デザイナーコレクション」です
いわゆる、「パリコレ」や「ミラノコレクション」などと言ったイベントですね。

この頃になると、一般の人たちに向けての、ファッショントレンド情報が、発信されるようになってきます
また、同時に各アパレルメーカーの展示会も順次スタートしていく時期となります。

国内の一般ファッション誌からもトレンド情報が発信されるようになり、徐々に次のトレンドが浸透していくようになります

もう、お分かり頂けたと思いますが、なぜこんなに早くトレンドカラーが決まるかというと、アパレルメーカーが服を創るために、企画から出来上がるまでには多くの時間がかかるからです。

 

既製服が店頭に並ぶまでにはデザインの企画から服の生地の原材料の手配、サンプル作成、生産計画・販促計画の決定、ファッションショーや展示会など多くの工程を経ることになりますね。

そのため、2年前からカラートレンドを決め、動いていかなければ、間に合わないとうことです。

ファッションや流行に精通していないといけない美容師さんにとって、知っておいて損はないと思います。

たんに流行色といっても、物凄く多くの人達が関わって2年の歳月がかかり、私たちに発表されるというものです。

アパレルの方は皆さん知っていらっしゃると思いますが、皆さんはいかがでしょう?

少し、流行に詳しくなりましたでしょうか。

また、次回、機会があれば知っておいて損はない美容の知識をお伝えしますね。

派遣コーディネーターの本音

皆さん、こんにちは。

紹介・派遣コーディネーターの岩切です。

今回はちょっと今までとは違い、実際に私が担当させていただいた美容師さんのお話をしますが私たち紹介・派遣アドバイザーの心の声(本音)を交えお伝えしますね。

【第1話】

 

つい先日、ある派遣キャストさんが相談に来ました。

 

30代前半  女性スタイリスト   Kさん

派遣歴   1年9ヶ月

 

派遣登録当初は、ヘアメイクのフリーランスとして働き、地方のご実家に数ヶ月に1度帰りながら空いている日程で週4~5派遣の仕事がしたいとの事でした。

 

派遣のご相談ではよくある話だが、

最近では

フリーランス×派遣美容師(‘ω)

(あっ!近々、某有名サロンとコラボセミナーやります!)

 

このような美容師さんが多い!!

美容業界で最近流行りの働き方。

 

そんなKさんから、連絡があり相談したいとの事でお会いした。

 

お話を聞くと何とご結婚が決まったとの事!

(おめでとうございます!)

♪───O(≧∇≦)O────♪

この仕事をしていると担当している方の幸せは自分ごとのように嬉しい限り!

 

 

そんな訳で、東京に引っ越し新生活をスタートするにあたり、月に数回、新婚生活の時間も作りたいため土日休みる就職するサロンを派遣で行ってみて決めて行きたいとの相談でした。

 

 

条件は…

八王子周辺で40分以内

スタイリストとしてマンツーマン接客できるサロン

土日休みが月に数回可能

 

今後は就職してどうしていきたいか将来プランを聞いたところ…

新婚生活を楽しみながら、しばらくは仕事をして将来的にはお子さんも欲しく、美容師の仕事は復帰したいと希望している…

 

(素敵な将来プラン!だとすると…今後の事考えると今派遣をしながら社会保険に加入しているし、お子さん産まれた後の産休、育休、育児手当金をもらえた方が良いだろう…)

 

Kさんに将来プランも含めて条件に追加して

できれば社会保険加入していて産休、育休も取れそうなサロンを探す事を提案し、後日ピックアップして連絡する事を約束して相談を終えました。

 

 

帰り際、Kさんが素敵な笑顔で

『今日は、相談に来て良かったです!楽しみにしています!』

 

(そんな素敵な笑顔で期待されたら…)

 

『任せてください!探しますよ!』

 

(ドヤ顔で言い切ったものの…なかなか条件は厳しい…( ̄◇ ̄;))

 

その日の夕方、弊社のサロン担当営業マンに時間をもらいKさんの条件に合う正社員募集している派遣先がないか打ち合わせをした。

 

・・・果たしてKさんの派遣先はどうなるのだろうか!?

この続きは次回また! お楽しみに!((( ´θ`)ノ

 

 

 

☆ハケンのギモン☆

こんにちは。いつも美容師の味方です。

リクエストQJキャスティングでございます。

                                                 

今回は、派遣についてよく受けるご質問についてお答えしていきます!

ちょっとしたギモンの解決になれば幸いです!

 

もっと詳しく知りたい方は、こちらまで!! 

 0120-975-832(QJキャスティング)

 

Q.派遣ではどのような仕事先があるんですか?

A.まずエリアですが、東京、神奈川、埼玉、千葉を中心にご案内しており、低単価~高単価、客層もお子さんからお年寄りまで幅広く様々なサロンさんがあります。

また、カットやカラーの専門店から、エクステサロンやウィッグカット、トータルビューティサロン、メーカーなど幅広く案内させて頂いているので、きっとアナタの気になるお店が見つかるはず♪

 

あっちもこっちも味わってみる、このワクワク体験が派遣の魅力のひとつですね!

 

 

自分に合ったお仕事が見つかるか不安に思っている皆さん、ご安心ください!

派遣コーディネーターが好みや状況、ライフスタイルに合わせてピッタリのサロンを提案させて頂きます!

 

Q.土日に勤務できないと仕事はできませんか?

 

『土日に特別な予定が控えているぞ…』

『家族との時間を優先したいなぁ』

そんなとき、ありませんか?

 

土日に必ず勤務できないとお仕事先がまったくない…ということは、

そう、ありません!

 

たまに用事がある土日を休みたい、またママさんで土日が出られない、どちらも大丈夫です。派遣担当が平日メインのお店や、日曜定休のお店などをご案内させて頂きます!

 

た だ し !

 

やはり土日にある程度勤務できるようスケジュール調整を頂くと

より幅広くお仕事をお探しできることは、間違いないです!

 

Q.どのくらいの期間働ければ派遣はOKですか?

 

そう、実は派遣でお仕事頂くには、条件があります。

 

A.◎勤務期間が3ヶ月以上

A.◎週3(20時間)以上の勤務

この2つを満たさなければなりません。

※例外あり

 

もしこの期間で働くことが今は厳しい…場合、ご安心ください!

ちゃんとあります。

短い期間でしか働けないといった皆さんに向けたサービスが…

 

コチラです!

<エージェントミニ>

https://www.qj-agent.jp/mini/

 

状況次第でどちらも選べるのがセイファートのサービスの良きところなんです!!

 

いかがでしたか?

これで皆さんの中にあった、派遣のイメージは変わりましたか?

 

派遣にはまだまだステキなところがたくさん!

 

  • 有給休暇がもらえる!?

https://www.qj-casting.jp/blog/795/

  • 社会保険、入れます。

https://www.qj-casting.jp/blog/264/

  • 目指せ、スタイリストデビュー!!

https://www.qj-casting.jp/blog/1945/

 

ぜひお気軽にお問い合わせ下さい!!!

 

 

 

 

美容師派遣に登録してみた22歳アシスタント高志くんの物語Vol.8

ブログへのご訪問ありがとうございます!

リクエストQJキャスティングです。

 

美容師派遣の登録へやって来た高志くん。

スキルチェックはまだまだ続きます。

 

 

 

 

岩口さんの頭皮を気にしつつ・・・

もう一度シャンプーチェックをさせてもらう。

 

 

(確かに毛先が暴れてることまで気にしてなかったな・・・

おっと!耳に泡がかかりそうだ!!危ない、危ない・・・)

 

 

シャンプーを終えて上体を起こすと、タオルターバンの岩口さんがにっこり微笑んでくれる。

 

 

「うん、これなら問題ないですね。

毛先の動きにもきちんと気が配れていたと思います。

 

シャンプーはサロンさんによってやり方やルールも様々です。

ワンシャンなのかツーシャンなのか、コンディショナーをつけた際にマッサージはするのかどうか。

マッサージするならどのくらいの長さなのか・・・」

 

 

岩口さんの話を聞きながら、以前の勤務先でお客様からマッサージを褒められたことを思い出す。

 

 

(こんなに長くマッサージしてもらえてすっかり疲れがとれたよって喜ばれたな~♪)

 

 

過去の風景に思いを馳せてニヤついていた僕を岩口さんが現実に引き戻す。

 

 

「丁寧に時間をかけるほどいいと思われるかもしれません。

ですが、一概にそうとも言えないのが派遣のお仕事なんです。

例えばサロンさんのやり方を超えた長時間のマッサージ・・・」

 

 

(こ、この人、エスパーなのか・・・??)

 

 

「やりすぎてもダメなこともあるというか、まぁダメという表現は語弊があるかな・・・

 

 

サロンさんのやり方にはそれぞれの背景があります。

派遣キャストさんとしてお店のサービスのクオリティを下げないことはもちろんですが、決められた範囲内で成果を出す、これも大切な要素なんです。」

 

 

岩口さんの説明を聞いてなるほどなと思う。

派遣という働き方はいろいろなサロンを内側から知ることができるいい機会になりそうだ。

 

 

「高志さんのこれまでの経験が役立つこともあれば、思ってもみないやり方を知ることで新しい発見があるかもしれない。

そんな風にお考えいただけるといいかもしれないですね♪」

 

 

(この人・・・やっぱりエスパーなのか??)

 

 

柔和な笑みを浮かべる岩口さんをこっそり観察してみる。

思っていることが顔に出やすいタイプだと僕が知るのは、もう少し先の話。

 

 

(派遣コーディネーターって、ただ仕事を案内するだけじゃないみたいだな・・・)

 

 

エスパー岩口さんとの出会いはこれからの美容師人生を楽しいものにしてくれそうな気がする。

 

 

「それでは次はカラーのチェックになります。こちらにどうぞ。」

 

 

岩口さんに促され移動すると、スキルチェック講師の武木さんが待っていた。

最初に派遣の登録用紙を記入した時、いろいろ説明してくれた人だ。

 

 

「はい、それではいまからカラーのチェックをします。」

 

 

武木さんの説明を聞きながらふと周りを見ると、一緒に派遣登録の説明を聞いた人たちがそれぞれチェックを受けていた。

ウィッグをカットしている人、ブローしている人、ワインディング中の人・・・

 

 

「高志さーん?スタートしますけど大丈夫ですか??」

 

 

武木さんの声に我にかえる。

僕の視線の先に気づいた武木さんが、登録用紙に目をやった。

 

 

「パーマはご入客経験がないので今日はチェックしないのですが。

もし勉強されたいお気持ちがおありなら、無料講習に参加されるのはいかがですか?」

 

 

そういえば説明の時にもそんな話があった気がする。

 

 

「あとは、派遣のお仕事をしながらアシスタント育成プログラムに参加されるのもいいと思いますよ。」

 

 

アシスタント育成プログラム???

 

 

勤めていたサロンを辞めてなんとなく見つけた美容師派遣。

実家に帰るわけにもいかず、家賃も払わないといけないし。

とりあえずの急場しのぎと思って登録してみたけれど・・・

 

(これは思ったより長く濃い時間になるのかもしれないぞ)

 

 

続く・・・

 

 

【美容師派遣】ピックアップ求人!Vol.33

美容師派遣サービス「QJキャスティング」のオススメの求人です。

東京・神奈川・埼玉・千葉エリアを中心に、その他多数のお仕事がご案内可能です。

美容師派遣にご興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

☆最大時給スタイリスト1600円!アシスタント1400円☆ 続きを読む

派遣で仕事しながらスタイリストデビュー!

みなさん、こんにちは!

派遣コーディネーターの町田です。

過去にブログでもご紹介させていただきました「スタイリスト育成プログラム」ですが、
引き続き大好評のため、ついに2019年3月スタートの5期生の募集がスタートします!

 

スタイリスト育成プログラムとは…
派遣で仕事をしながら約8ヶ月間でスタイリストデビューを目指すプログラム。
技術面だけでなく、接客やカウンセリングの両面でそれぞれ専門の講師から学べるのが特徴の1つ。
「売れる美容師」の育成を目的に1~4期生までが受講し、
卒業生の中には有名エリアでスタイリストとして就職した方や、委託サロンに移籍後すぐ売上最上位の実績を出した方も。

過去紹介ブログ「スタイリスト育成派遣プログラム」

詳しい受講内容はコチラもご参考に

■実際に受講した方のコメントをご紹介!

そこで今回はこの「スタイリスト育成プログラム」を受講された方(卒業生)の気になる感想をいくつかご紹介します!

・1期生 女性(27歳)
私は卒業後に手荒れが悪化してしまったので、いま舞台のヘアメイクの仕事をしています。
ですがこのプログラムで学んだことが今の現場でもとても役に立っています。
特に「時間を大切にする」ことや「モデル(お客さま)から支持される接客」を実践したことにより、
現場でも高い評価をいただけました。技術ももちろんですが、カウンセリングを分かりやすく教えてもらえる機会はなかなか無いのでとても貴重なことを学ぶことが出来たと思います!

・3期生 女性(24歳)
技術はとにかく分かりやすく教えてもらい、集中して習得することが出来ました。
そして何よりカウンセリング、接客がとても勉強になりました。
派遣先でも人気のスタイリストさんは自然に出来ていることを論理的に理解することが出来ました。
勉強したことをモデルカットの時に実践すると「本当に喜んでもらえる」と実感し、自信にもつながりましたね。今はスタイリストとして派遣でもっともっと経験を積んでいきたいと思っています!

卒業生のみなさんからとてもありがたいコメントをいただけました!
みなさんに共通しているのは、技術だけじゃなく接客やカウンセリングの勉強が
実践で役に立っているということ。
海外や日本国内でヘアショーのプロデュースや技術指導を担当してきた講師が
直接教えるため、生きたノウハウとして習得できるのが大きな魅力です。

(※スタイリスト育成の接客講師は、ロサンゼルスを拠点に日本国内でも一般や美容向けセミナーで活動している美容師・ヘアメイクアーティストです)

■このプログラムについては、他にもメリットがあります!

スタイリスト育成の良いところ①「計画力が身につく!」
約8ヶ月間のプログラム参加期間中は週1回の講習を行います。
デビューに向けて自主練習のスケジューリングを行う中で、計画力も磨くことができます!

スタイリスト育成の良いところ②「チーム(同期)で成長できる!」
実際にモデルさんをお出迎えしてカウンセリング、施術、お見送りまで行う実践講習では、
1つのサロンのように、スタッフ(生徒)全員での雰囲気作りが重要になります。
また生徒はスタイリストとしてアシスタントに指示を出す実践練習もあるため
コミュニケーションの取り方や指示の仕方も学ぶ事ができます。

スタイリスト育成の良いところ③「派遣で勤務しながらなので安心」
このプログラムを受講する場合、派遣でのお仕事も同時にして頂きます。
派遣でのお仕事は、1日8時間勤務(休憩1時間)と原則残業がないため
プライベートの時間もきちんと確保できます。
またご希望のお休みも担当が交渉するため連休を取ることももちろん可能です。
社会保険や有給も完備のため、安心した状態でデビューのために時間を有効活用できます!

受講される方やその理由はそれぞれなので、他にも「いろんなサロンさんを体験できるので勉強になる」といったコメントや「少数精鋭で分かりやすく教えてもらえる」などもメリットとして感じられる方も。

 

あわせてコチラも要チェック!QJnavi DAILY 特別記事

アシスタントでも決められた時間でガッチリ稼ぎながらデビューも目指せる方法とは

■いよいよ5期生募集!まずは見学or説明会へ

はじめはハサミを持ったことの無い方が、プログラム修了の頃にはカットはもちろんやカラー・パーマの提案も含めお客さま(モデルさん)から高い評価を頂けるまでに実際に成長されています。
同期同士や生徒一人ひとりの担当とのコミュニケーションを通して“技術以上に価値のある”ものも得られる環境がある、と自信を持てお伝えできます!

そんな「スタイリスト育成プログラム」、

いよいよ19年3月から5期生のスタートを予定しています。

プログラム受講希望の方は下記日程で行われる説明会・選考会にお越しください!
(その前に見学だけしたい!という方も歓迎ですよ)

↓詳細はこちら

【スタイリスト育成プログラム 第5期生 説明会・選考会】
日時:2019年2月12日(火)17:00~(予定)
場所:株式会社セイファート キャリアデザイン事業部
東京都渋谷区渋谷3-27-11 祐真ビル1F
(アクセスはコチラ)
TEL:0120-975-832(平日10:00~19:00)/担当 町田
※定員数に限りがあるためご了承ください。

美容師派遣に登録してみた22歳アシスタント高志くんの物語 Vol.7

ブログへのご訪問ありがとうございます!

リクエストQJキャスティングです。

 

美容師派遣の登録へやって来た高志くん。

いよいよスキルチェックがスタートします。

 

 

まずは岩口さんから細かい説明を受ける。

そして、シャンプーのスキルチェックがスタートした。

 

 

シャンプーは前のお店でお客様に好評だったし自信がある。

大丈夫、大丈夫。

 

でも実際にやってみせるとか正直思ってなかったな・・・

 

 

そのための施設まであるなんてビックリだ。

美容師の派遣会社ってどこもこんな厳密にスキルまでチェックしてんのか??

 

 

チェックされると思うとちょっと緊張もしたけれど、始めてみれば自然に手が動く。

 

 

順調♪順調♪

なんなら軽く鼻歌でも歌いたい気分だ。

 

僕のシャンプーで岩口さんを癒してあげよう。

チェックなんてしなくても全然大丈夫だったと思ってもらえるはずだ。

 

よし、これでフィニッシュ!

 

 

お褒めの言葉を期待しながら自信満々で岩口さんを見る。

なぜか考え込んでる岩口さん。

 

 

うーん・・・

もう1回やりましょうか。

 

 

岩口さんの言葉の意味が分からず一瞬ぽかんとしてしまった。

そんな僕の戸惑いを察してくれたのか、岩口さんが静かに語り始めた。

 

 

不合格ってわけじゃないんですけどね。

シャンプーってしてる側が思っているよりされている側は敏感なものなんですよ。

 

指先の動きはとても良かったと思います。

ちなみになんですが、目はどこを見てましたか?

 

 

岩口さんの質問に考え込む。

 

 

どこを見てたかって?

そりゃ自分の指先の動きじゃないか??

 

 

ますます困惑を深める僕に岩口さんがやさしく説明してくれた。

 

 

僕、男の割に髪が長いじゃないですか?

女性のショートでもよくあるんですけどね。

指先に集中するあまりお客様の毛先が暴れてることに気づかない美容師さんって意外と多いんですよ。

 

毛先の泡が微妙に顔についてたり、耳に当たってたり。

シャンプーでわしゃわしゃしてるうちにちょうど当たっちゃうんですよね。

これくらいの髪の長さは要注意なんです。

 

 

岩口さんの説明はさらに続く。

 

 

シャンプーで多少不快な思いをしてもそれを言えないお客様も多いんです。

言ってくださった方が勉強になるんですけどね。

ちょっと当たったくらいだったらなかなか言わない。

 

僕も今はスキルをチェックする立場なんで細かいことまでお伝えしてますけど。

普段行く美容室ではやっぱり言えないなぁ。

 

 

ハハハと苦笑いをする岩口さん。

 

 

だから毛先が暴れていないか、顔や耳にかかっていないか、目で確認することも大事だと思うんですよね。

僕は美容師さんじゃないんで専門的な指導まではちょっとできないですけど。

 

 

むしろお客様目線の感想をお伝えする方が高志さんの今後のお役に立てるんじゃないかと思ってます。

 

僕たちはただお仕事を紹介するだけでなく、キャストさんおひとりおひとりのキャリアアップのお手伝いもしたいと考えています。

なのでたまに耳に痛いことをお伝えする場合もありますが、そこはご理解いただければ・・・

 

 

爽やかな笑顔でやさしく僕を見つめる岩口さん。

ここは岩口さんの胸を、もとい、頭を借りよう。

 

 

勉強になりました。

ぜひもう1回やらせてください!!

 

 

岩口さんの指摘を反芻する。

こんな風にとことん向き合ってくれる人がいるなんて思ってなかった。

 

 

でもこんな風に何回もシャンプーされるのって辛くないですか?

なんかすみません・・・

 

 

申し訳なさそうな僕を気遣ってくれたのか、明るい声で岩口さんが言った。

 

 

大丈夫ですよ、シャンプーの1回や2回。

最高で7シャン連続したこともありますし。

 

さすがにあの時は頭皮がヒリヒリしてどうにかなりそうだと思いましたけどね。

もし僕の頭皮になにかあったら労災申請ってできるのかなぁ・・・

 

 

ニヤリと笑う岩口さん。

 

 

僕の担当が岩口さんで本当に良かった。

 

 

続く・・・

【美容師派遣】ピックアップ求人!Vol.32

美容師派遣サービス「QJキャスティング」のオススメの求人です。

東京・神奈川・埼玉・千葉エリアを中心に、その他多数のお仕事がご案内可能です。

美容師派遣にご興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

☆最大時給スタイリスト1600円!アシスタント1400円☆ 続きを読む

個人店と大型店、アナタはどっち派?

こんにちは、コーディネーターの江口です。

本日は

個人店VS大型店

と言うテーマにしてみようと思います。

個人の主観や、好みなどに左右されるので、どちらが良いということはないのですが、

客観的に双方を見るキッカケになると嬉しいです。

あくまでも私の主観も入っているので、ご了承下さい。

 

今回は、3点

教育

施術時間

給与

について書いていきます。

 

 

○教育

・大型店

いわゆる“学校”と思っていただけると分かりやすいかと

大勢のスタッフさんを抱えている大型店は、誰でもある一定の水準に到達するマニュアルで進めるスタンスになります。学校は少数の人数がついて行けなくても、授業の進行を遅らすことはないですよね。

勿論、授業は進みますが、先輩が教えてくれたり、補講があったりします。

・個人店

こちらは“個別指導の塾”だと思うと分かりやすいと思います。

個別にあったカリキュラムを組み、進行はスタッフさんに合わせます。

物覚えが良い、悪いに関わらずその人にあった指導をしてくれるので、安心です。

ただ、教えてくれる人に癖があると、そのまま癖も身についてしまいがちです。

また、複数の先輩に教わると、言っている事がバラバラな場合があります。

 

大勢で切磋琢磨しながら、学ぶのが好きな人は大型店、

 

個別で自分にあったペースで学ぶのが好きな人は個人店があっていると言う傾向でしょうか。

 

○施術時間

こちらは、実は基準となる時間と料金があり、その基準に従って料金を設定している場合が

多いです。

60分 6000円

これが基準です。

カット料金が1000円の場合は、施術時間は10分

カット料金が3000円の場合は、施術時間は30分

といった形で設定されています。

なので、1000円のカット料金サロンさんで、8分で施術すると黒字、20分だと赤字になります。

逆に高級サロンさんで、60分で10000円の料金だと黒字、4000円だと赤字という事になります。

あくまでも目安ですが、お客様の人数に合わせて設定している事が多いです。

1000円のカット料金でいくなら、1時間に6人集客しないとならないので、一人当たりの

1日の入客数は、労働時間8時間とすると、48人が理想です。実際はお客様とお客様の間の時間もあるので、もっと少ないですが・・・。実際は30人位が理想ですかね。

6000円のカット料金をとるなら、1時間に1人なので、1日8人が理想。こちらも間の時間を含めるので6人位が理想かな。

これは、あくまでカットのみで計算しているので、カラーやパーマは含んでおりません。

でも、ざっくりは10分1000円が基本なので、カット&カラーで2時間、12000円の目安ですが、カラー、パーマは材料費が掛かるので+1500円位ですかね。

 

施術の時間が短いから技術が雑、長いから丁寧と言うわけではなく、

料金に対して、施術時間が決まっているということになります。

あくまでもお客様への対応は、サロンではなく、スタイリストになるわけですから、

施術が丁寧か雑かはスタイリスト次第です。

しかし、時間内で出来ること、出来ないことがあるので、難しいですが・・・。

 

○給与

給与も大型店、個人店のどちらが良いということは基本的にはないです。

個人店も大型店も儲かっているサロンもあれば、経営が厳しいサロンもありますので。

ちなみにアシスタントの給与は、どのサロンさんもあまり変わりはしません。

大きく差があったとしても、最大で5万くらいのものですので、アシスタント時代は給与にこだわり過ぎる必要はないと思います。

スタイリストの基準はというと、これはざっくりですが

月に100万円売り上げて、30万の給与という事になります。

 

ですので、売上げが60万しかないのに、給与を30万くれ、と言うのは無茶な要求という事になりますし、売上げが150万あるのに、28万の給与だと少ないのでは・・。になります。勿論、サロンさんによって色々な事情があるので、あくまでもざっくりです。

ちなみにこの金額は、額面であって手取りではないです。

額面=総支給額

手取り=保険関係や税金などを引いた手元に入ってくる金額

 

スタイリストの給与に関しては完全に実力主義になる事が多いです。

お店の新規客が少なくても、自分の担当しているお客様にお友達を紹介してもらい増やしているスタイリストさんや、SNSやカットモデルなどから増やしている方もいます。

お店側で出来ること、個人で努力することの双方があってお客様に支持を頂きます。

 

他にも、人材、人間関係、集客、経理、福利厚生など沢山あるのですが、

あまりに長くなるので、またの機会に・・。

批判も多そうですが、もっとやれというご意見が多ければ、またの機会にやるかもしれません。

美容室には、色々な基準があり、基本的には個人点も大型店もその基準に準じている事が多いです。

その様々な基準が分かった方が、サロン選びや、今のサロンを改革しようと言う時にも説得力があるし、大きく外さないと思います。あとは、好みですね・・(笑)

 

セイファートでは、個別の相談も受け付けておりますので、現状に悩んだり、基準が分からない、なんて事がありましたら、お声がけ下さい。

 

少しでも客観的にサロンさんを見られるお手伝いになったのなら、幸いです。

 

就職などのご相談は https://www.qj-agent.jp/

派遣などのご相談は https://www.qj-casting.jp/

どちらも相談のみも受け付けておりますので、お気軽にご相談下さい。